Charlie Oscarは、ファンタジーストラテジー『Spire of Sorcery』のSteam早期アクセスを10月22日に開始するとアナウンスしました。

本作は魔術師として呪文や錬金術を使いながら、ルンドの世界を探索するファンタジーストラテジーです。2019年11月には“限定早期アクセス”版を別途配信しており、開発陣いわく「ノンストップの開発作業」を経て“限定”のとれた新バージョンとなっています。

今回配信されるバージョンには、魔術師の審問会からの逃亡、恐ろしい生物の女王との遭遇、謎に包まれた部族「マッシュルームイーター」との初めての接触といった3つのチャプターを実装。その他、調理や部屋の建築といった要素がプレイできます。

早期アクセスは2022年末までを予定しており「このまま何の進展もなく時間だけが無駄に過ぎるようなことは絶対にしません」「COVID-19 のパンデミックにも 挫けることはありませんでした」など開発チームの前向きなコメントが見られます。また、上記の早期限定アクセスバージョン所有者には「サポーターDLC」など特典が用意されています。

『Spire of Sorcery』は、PC向けにSteamで10月22日より早期アクセスを配信予定です。