スクウェア・エニックスは、同社が運営する『ファイナルファンタジーXIV』の最新拡張パッケージである『暁月のフィナーレ』のローンチトレイラーを公開しました。

今回の拡張パッケージでは、旧FF14から続いてきていたストーリーである「ハイデリン・ゾディアーク編」がいよいよ完結を迎えます。トレイラーでは前拡張パッケージ「漆黒のヴィランズ」にて登場したNPC、エメトセルクの声によるナレーションも。漆黒のヴィランズ終盤の舞台となった終末のアーモロートが映っていたり、"星と命の沈む海底"というテンペストを連想させるような単語が登場したりと、前拡張パッケージの内容を踏まえつつ、これまで明かされてこなかったハイデリンとゾディアークの謎に迫ります。

さらに漆黒のヴィランズ終盤で登場した、アルフィノとアリゼーの父親であるフルシュノ・ルヴェユールをはじめ、謎の女性の存在、FF10に登場したアニマや新ジョブのリーパーなど、新規に追加される要素もトレイラーに盛り込まれています。そしてトレイラーの終盤では、主要NPCの一人であるアルフィノが感謝の言葉を述べているなど、何やら意味ありげなシーンも…。

『ファイナルファンタジーXIV 暁月のフィナーレ』は、PC/PS4/PS5向けに12月7日に発売予定です。また、早期アクセスは12月3日に開始予定です。

(C) SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.