スウェーデンのインディーデベロッパーFJRD Interactiveは11月10日、オープンワールドサバイバル『Among Trees』を正式発売すると共に、Steamでの配信を開始しました。

本ゲームは、PCを対象とし、Epic Gamesストアにて15か月独占契約で、2020年6月14日より早期アクセス版が配信されたシングルプレイ作品。

プレイヤーは、カラフルで幻想的な雰囲気が漂う大自然下の、危険な野生動物が徘徊する鬱蒼とした森や洞窟を探検。また、森の中に設置された小屋の拡張により調理や栽培、道具製作、裁縫などの機能をアンロック。生活の利便性を向上させることができます。

用意されるゲームモードは通常のスタンダードと、危険な野生動物がいないゼンの2種類。それぞれイージー、ノーマル、ハードの3つの難易度選択が可能です。

早期アクセス期間において、新しいエリアや、アイテム、新たな発見や小屋の拡張時などの行動がジャーナルに追加されるプログレッションシステム、プレイヤーキャラに様々な恩恵をもたらす飲み物が作れる醸造所、小屋のデコレーション、のどの渇きのシステムのほか、餌を与えたり、撫でたり、訓練してアイテムの探索を手伝ってくれるキツネのペットシステムなどが追加済み。

本作および開発者の今後の展開として、本ゲームのバージョン自体は最新の現時点でも0.5.27と1.0に満たないものの正式版とし、5年間に及んだ開発に一旦ピリオドを打ち、別のプロジェクトの制作に移行。本作に対し今後大きな機能やコンテンツの追加は行わない一方、バグ修正などは年末まで行う予定が伝えられています。

独特な映像美が魅力の『Among Trees』は、PCを対象とし、Steamで通常1,520円、11月18日までは10%オフの1,368円で配信中。Epic Gamesストアでは1,580円で配信中です。