Headup GamesおよびGoody Gameworksは、巨大怪獣になって街を破壊する2Dアクションゲーム『Gigapocalypse』の正式版をリリースしました。

怪獣映画の「ゴジラ」や「キングコング」、名作ゲームの『Rampage』にインスパイアされた本作では、様々タイプの怪獣“ギガ”を操作し、行く手を阻む物すべてを瓦礫の山に変えていきます。ボスを倒して手に入る突然変異ポイントでギガを進化させたり、たまごっち風のミニゲームでギガを成長させることもできるそうです。

ユニークで独特なアビリティを持った9体のギガ
地球の歴史や未来の時間軸をモチーフにした、6種類の美麗なディティールのステージ
ギガのカスタマイズ&破壊スタイルの選択
統一感のある敵&建物
ド派手でウキウキするボスバトル
アンロック可能なペット、スキル、ミューテーション
クエスト&シークレット
シンプルな操作性の高速アクション
可愛いピクセルアートスタイルの気持ちいい破壊表現
実在の神話&未確認動物学をベースにした読み物
お手軽操作で、中毒性の高いゲームプレイ
へヴィロックなBGM……うるさ過ぎるって? 10代の感覚を思い出して!!

かつて子供だったすべての人に贈る『Gigapocalypse』は通常価格1,010円でSteam配信中。11月18日までは33%オフが適用されます。