Rockstar Gamesは、『グランド・セフト・オート:トリロジー:決定版(Grand Theft Auto: The Trilogy - The Definitive Edition)』の不評について謝罪のコメントを公開しました。

本作は『グランド・セフト・オートIII』『グランド・セフト・オート: バイス・シティ』『グランド・セフト・オート: サン・アンドレアス』の3作品をリマスターし、グラフィックや操作性を改善したタイトル。しかし、発売時にはPC版が購入できない状況に陥ったり(その後解決)、オリジナル版には無かったバグが多数発生したりしているとして不評を買っていました。

そうした状況を受けて公開された声明では、冒頭でプレイヤーに対して「ゲームをプレイする際に問題が発生した皆様に、心よりお詫び申し上げます」と謝罪。また技術的な問題を解決するためのアップデートが準備中であり、近日中に公開予定とのことです。

さらに、プレイヤーからオリジナル版購入希望の声があることも理解しているとして、オリジナル3作のPC版バンドルをRockstar Storeにて販売再開予定であることも告知されました。現地時間2022年6月30日までにRockstar Storeにて本作を購入したユーザーには、同バンドルが追加料金無しで配布(Rockstar Games Launcher上で受け取り)されるとしています。ただし、コンソール版購入者に対しての措置や対応についての言及はありません。

また同声明内では、SNS上での開発メンバーに対する嫌がらせにも言及されており、コミュニティに対しては「敬意と礼儀ある言論を維持してほしい」とも記されています。

『グランド・セフト・オート:トリロジー:決定版』はPS5/PS4/Xbox Series X|S/Xbox One/ニンテンドースイッチ/Windows(Rockstar Store)向けに発売中です。