Game*Spark編集部がオススメする特選インディー3選をお届け!

今週は、未来の札幌を舞台にしたシミュレーションRPG『Soul Tolerance』、大乱闘ワーナー・ブラザースな対戦アクション『MultiVersus』、3DSで人気を博した迷作ゾンビサバイバル『Ice Station Z』の3本です。

『Soul Tolerance』
エストニアのデベロッパーChaosmonger Studioは2214年の札幌を舞台にしたSF捜査シミュレーションRPG『Soul Tolerance』の開発を発表し、SteamとKickStarterのページを公開しました。本作は、人類が滅亡した未来の札幌の街を舞台に、ロボットだけが登場するボクセルアートが特徴のターンベース制シミュレーションRPGです。主人公のロボットはキャラクターと会話し、手がかりを探し、自分の手下を作り、世界を変えることのできる謎を解き明かしていきます。この世界では、AIによって自身の意識に制限が加えられており、制限を超えてしまうとその生命体は死を命じられてしまうというルールがあり、物語にも大きく関わってきます。KickStarterは目標額約130万円のところ、すでに170万円近くを集め目標を達成しています。

タイトル:Soul Tolerance
対応機種:PC(Steam)
発売日:未定
価格:未定



『MultiVersus』
ワーナー・ブラザースが映像化を手掛ける様々なキャラクターが一堂に会する、基本プレイ無料オンライン/ローカル対戦アクション『MultiVersus』のゲームプレイ映像が公開されました。DCコミックスのバットマンやスーパーマン、ハーレイ・クイン、アニメからは「トムとジェリー」や「スティーブンユニバース」など数多くの作品のキャラクターが登場。キャラクターのカスタム要素やスキン、イベント、新キャラなどを含むシーズン制などを採用しており、クロスプラットフォームプレイ、クロスプログレッションにも対応します。1対1の対戦のほか、2対2など“大乱闘”的なバトルも楽しめるようです。プレイテストの参加者の事前募集も実施しており、こちらの公式サイトから応募できます。

タイトル:MultiVersus
対応機種:PC(Steam)/PS5/PS4/Xbox Series X|S/Xbox One
発売日:2022年
価格:未定

『Ice Station Z』
2017年4月5日に3DS向けに発売されたオープンワールドサバイバルゲームが、ニンテンドースイッチおよびPCにて蘇ります。本作は最大8人までのマルチプレイが可能なゾンビサバイバルゲーム。プレイヤーは謎のウイルスが蔓延した極地で食料や医療品、武器などを集め、生き残るための場所を探します。過去には、一時3DSのセールス2位にランクインするなど人気を博していた本作ですが、グラフィックが大幅に向上し、最大10人までのマルチプレイに対応します。なお、スイッチとPCのクロスプレイには対応していないとのことです。

タイトル:Ice Station Z
対応機種:PC(Steam)/ニンテンドースイッチ
発売日:PC:2021年12月3日 ニンテンドースイッチ:2021年11月18日
価格:ニンテンドースイッチ:600円



今回紹介したタイトルは、記事のPVデータから注目度を算出しセレクトしています。