スクウェア・エニックスは、新作のアクションRPG『バビロンズフォール(BABYLON'S FALL)』のクローズドβテストフェーズ3を実施しました。11月15日から17日まで実施されていたテストに筆者も参加する機会を頂けたので、本作の要素や魅力をご紹介します!

『バビロンズフォール』とは
『バビロンズフォール』はスクウェア・エニックスとプラチナゲームズが開発した新作のアクションRPGです。プレイヤーは特殊な装具「機棺(ギデオンコフィン)」を背負わされた戦士「哨士(センチネル)」を操作し、莫大な遺産が眠るとされる巨塔「バビロン」の攻略を目指していきます。

本作では独自のフィルターによる油絵のようなグラフィックやハクスラ要素と武器の組み合わせによる幅広いビルド、コンボがクセになる戦闘アクションが大きな特徴です。

油絵のような重厚で独特なグラフィック
本作の大きな特徴として、「ブラシワークフィルター」による独特のグラフィックが挙げられます。まるで中世の油絵のような重厚なタッチで世界を描くこのフィルターは、これまでのテストので視認性が悪いとのフィードバックを受けていましたが、今回のテストではしっかり改善されていました。

コンボがクセになる!スタイリッシュな戦闘アクション
本作の戦闘は、事前に選んだ4つの装備を使い分けて戦います。両手の装備だけでなく、「機棺(ギデオンコフィン)」と呼ばれる装具によって追加で2つの武器を更に扱えるのが本作の戦闘の鍵です。出の早い「ライトアタック」、高威力の「ヘヴィアタック」、そしてギデオンコフィンによる「ゴーストアタック」のそれぞれを瞬時に切り替えながら戦闘する様子は「ニーア オートマタ」のような操作感に近いと感じました。両手やギデオンコフィンに装備できる装備は剣、ハンマー、弓、ロッド、盾の5種類です。

剣やハンマーはジャンプ攻撃による切り上げや打ち上げで敵の動きを大きく制限できます。溜め攻撃やジャストガードによるパリィやジャスト回避など、アクションも単調になりにくく自由度が高いのがポイントで、どのタイミングでどの武器の技を使うか、コンボの研究ができる奥深さがあります。

弓やロッドは遠距離からの狙撃が可能です。溜めることで威力を上昇させられるほか、弓には貫通、拡散などのタイプがあり戦略に幅を持たせられます。ウェーブで押し寄せてくる雑魚敵との戦闘がメインとなるので、距離を保ちつつ攻撃できる遠距離武器は一つでも組み込んでおくと良さそうです。

盾はギデオンコフィンに装備することで、自身の前方にバリアを展開できます。一定以上のダメージを受けると貫通してしまいますが、集中砲火を避けるのには最適でした。

今回のマルチプレイに参加した体感としては、「弓メイン」「剣メイン」の装備構成をしているプレイヤーが多いように感じました。一発の威力は低いものの、遠距離からコンスタントにダメージを出せる弓が戦闘システム的にマッチしている模様。しかし、切り上げ→叩きつけ→切り上げ…というハメ技のようなコンボで一切の動きを完封できる剣も楽しかったので、ぜひ剣や他の武器も触ってみてください!

ハクスラ要素と多彩なビルドで”無限に遊べる”!
先述の強弱2種のアタック、ギデオンコフィンのゴーストアタックによって装備の組み合わせは非常に多彩なバリエーションがあります。特に、ギデオンコフィンのゴーストアタックは追尾性能も高く、「とりあえず撃っておく」だけでもそこそこ強力です。近接攻撃のコンボに織り交ぜることでより爆発力のある高威力なコンボにしたり、敵との間合いを調整する際の牽制に使用したりと、ゴーストアタックにどの装備を配置するかによって、戦闘スタイルが大きく変わると感じました。

一定のレアリティ以上であれば、スキルを付与するアクセサリーやスキル付きの装備も存在するので、ビルドを考え実践して、また新しい装備を拾って…という「ハクスラ」サイクルに、コンボアクションの操作感も相まって気づけばどっぷりとハマってしまうのが本作最大の魅力です。

フレンドとワイワイも、ソロでじっくりも楽しめる難易度
クロスプレイにも対応しているので、PC/PS4/PS5の垣根を越えて楽しむことができます。筆者のプラットフォームはPCでしたが、クロスプレイでも特にラグはなくスムーズに遊べました。クエストは雑魚戦→道中の移動→雑魚戦…といったサイクルになっていたので、フレンドとボイスチャットをして雑談を交えながら、ワイワイと協力プレイができるような難易度だと感じました。攻撃を当て続けることで半ばハメのような状態になり、敵を一方的に撃破できる爽快感は協力プレイならではの連携だと思います。

オンライン専用でありながらも、ソロでクエストに挑戦することも可能。ソロでもしっかりとクリアできるよう難易度が調整されるので、敵の動きを見極めつつ着実に手を進めていく味わい深いバトルもできるのが魅力。ただし、ソロの場合は起き上がった瞬間に別の敵から爆弾を投げられるような、ハメ攻撃には注意が必要になります。


今回は『バビロンズフォール』クローズドβテストの魅力をお伝えしてきました。βテストということでまだ荒削りな部分はあるものの、多彩なビルドとアクションがとても奥深く、あっという間に時間が過ぎていってしまいました。自分にあったビルドを考えたり、マルチでワイワイと楽しんだり、ソロでじっくりと楽しんだりと、かなり高いポテンシャルを感じます。

一方で、遠距離が有利過ぎる武器のバランスや、スキルの説明とチュートリアル等の導線、アクションの爽快感などの部分は今後の課題かと思います。また、敵のバリエーションの少なさや道なりに進むだけの道中など単調に感じてしまう部分も散見されるので、今後に期待したいところです。

今回のβテストのフィードバックは公式フォーラムにて受け付けておりますので、βテストに参加した方は是非フィードバックを送信してみてください。

『バビロンズフォール』はPC/PS5/PS4向けに配信予定、リリース日や価格は現在未定です。

© SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved. Developed by PlatinumGames Inc.