IO Interactiveは暗殺アクションゲーム『HITMAN 3』について、2022年1月以降もサポートを継続すると発表し予定しているコンテンツの一部を「HITMAN 3 - Year 2 Announcement」で公開しました。

本作は、3部作の累計プレイヤー数が5,000万人に到達したという「World of Assassination」最終章。今回の発表により2022年1月以降も更に12カ月間サポートが継続されることが判明しました。新マップや新ストーリー、新モードなどを準備中であるとのことで、2022年初頭には開発中のコンテンツについて詳しく紹介するとしています。また、2022年春にメジャーアップデートの実施も予定されています。

追加予定のコンテンツの一部として新ゲームモード「エルーシブ・ターゲット・アーケード(Elusive Target Arcade)」が紹介。全コンテンツがゲームに恒久的に追加され、これまでの形式とは違う究極のエルーシブ・ターゲットに挑むことになるという本ゲームモードの詳細は2022年1月初旬に公開予定です。

また、PC向けの情報として、2022年内のレイトレーシング対応や2022年1月中のVR対応も予告。VR対応に関してサポートする機器などの詳細は「HITMAN 3 - Year 2」開始前に公開するとしています。

『HITMAN 3』国内版は国内PS5/PS4向けに配信中。なお、PC(Epic Gamesストア)/ニンテンドースイッチ版及び、海外Xbox Series X|S/Xbox One/Stadia版についても、2021年9月28日のアップデートで日本語字幕に対応しています。