海外メディアGamesRadar+が主催する歴史あるゲームアワード「Golden Joystick Awards 2021」の受賞作品が発表されました。

一般投票にて選ばれるGolden Joystick Awardsでは、今回18部門に加え、ビデオゲームの50年の歴史を祝う「Ultimate Game of All Time(史上最高のゲーム)」「Best Gaming Hardware of All Time(史上最高のハードウェア)」の2つの特別部門が用意されています。

Golden Joystick Award 2021 受賞作品一覧
Best Storytelling:『ライフ イズ ストレンジ トゥルーカラーズ』
Best Multiplayer Game -『It Takes Two』
Best Audio -『バイオハザード ヴィレッジ』
Best Visual Design -『ラチェット&クランク パラレル・トラブル』
Best Game Expansion -『Ghost of Tsushima』壹岐之譚
Mobile Game of the Year -『リーグ・オブ・レジェンド:ワイルドリフト』
Best Gaming Hardware -PlayStation 5
Best Indie Game -『Death's Door』
Studio of the Year -カプコン
Best Performer -Maggie Robertson(ドミトレスク夫人)
Breakthrough Award -Housemarque
Best Game Community -『ファイナルファンタジー XIV』
Still Playing Award -『ファイナルファンタジー XIV』
PC Game of the Year -『HITMAN III』
Nintendo Game of the Year -『メトロイド ドレッド』
Xbox Game of the Year -『Psychonauts 2』
PlayStation Game of the Year -『バイオハザード ヴィレッジ』
Most Wanted Game -『ELDEN RING』
Critics Choice Award -『DEATHLOOP』
Ultimate Game of the Year -『バイオハザード ヴィレッジ』
Ultimate Hardware of All Time -PC
Ultimate Game of All Time -『DARK SOULS』

ゲーム・オブ・ザ・イヤーは『バイオハザード ヴィレッジ』が獲得、史上最高のゲーム部門では『マインクラフト』『GTA V』『テトリス』『Half-Life 2』など名だたる歴史的名作を抑えフロム・ソフトウェアの『DARK SOULS』が受賞し、国産タイトルが2連続で快挙となりました。