イギリスのインディデベロッパーHello Gamesは、SFアドベンチャー『No Man's Sky』にアップデートを配信し、「Expeditions(共同探検)」が再びシーズン1よりプレイが可能となったことを発表しました。

「Expeditions(共同探検)」は、今年2021年3月末に登場した新しいマルチプレイゲームモード。

プレイデータがメインゲームとは独立しており、シーズン制で展開。操作キャラクターはランダムで、参加するプレイヤー全員で共通の旅が楽しめるものとなっています。

シーズンごとにマイルストーンと呼ばれる目標が用意されており、各フェースで達成することで様々な報酬が獲得可能。獲得した報酬は、他のセーブデータのスペースアノマリーにいる水銀統合コンパニオンより受け取ることができ、メインゲームで使用することができます。

今回再プレイ可能となるのはこれまでに催された4つのシーズン全てで、それぞれが2週間の短縮版として順次展開。短くなっている分調整が実施されています。Expedition 2では、BiowareのアクションRPG『Mass Effect』とのコラボレーションのノルマンディー機体が入手できます。


Expedition 1 (Pioneers):海外時間11月24日〜12月7日
Expedition 2 (Beachhead/Normandy):12月8日〜12月21日
Expedition 3 (Cartographers):12月22日〜2022年1月4日
Expedition 4 (Emergence):2022年1月5日〜1月19日

「Expeditions」によりキャンペーンストーリーとは異なる目的で冒険を楽しめる『No Man's Sky』は、PC/PS4/PS5/Xbox Series X|S/Xbox Oneで配信中。Windows 10 PCとXbox版を扱うMicrosoft StoreではXbox Game Passにも対応。Steamを始めとした各プラットフォームで現在半額セールも実施中です。