CD PROJEKTが手がけるオープンワールド・アクションアドベンチャーゲーム『サイバーパンク2077』が各プラットフォーム(Steam/GOG.com/Epic Gamesストア/PlayStation Store/Microsoft Store)にてブラックフライデーセールを実施しています。50%オフとなるのは今回が初とのことなので、購入を検討していた方はこのチャンスを逃さないようにしましょう。


『サイバーパンク2077』は2012年の正式発表以降、非常に高い期待と大きな注目を集めていたものの、マスターアップ後の延期や発売後にも残っていた大量のバグ、PS4ダウンロード版の一時販売停止などにより評価を落とす結果となってしまいました。現在CD PROJEKTは問題の修正にあたっており、9月にはパッチ1.31が配信されています。

そうした経緯もあり色々と批判を受けてしまった『サイバーパンク2077』ですが、PC(Steam)版に関しては評価が徐々に回復しており、11月26日時点での最近のユーザーレビューは“非常に好評”となっています(全期間のレビューでは“やや好評”)。まだバグに対する指摘はありつつも、圧倒的な世界観やマップの作り込み、美麗なグラフィックなどは高く評価されているようです。

開発陣もこうした評価を喜んでおり、ファンへの感謝を伝えています。信頼の回復は大変ですが『Rust』や『No Man's Sky』のように継続的な更新で再評価された実例があるので、『サイバーパンク2077』もより良いゲームに発展することを祈ります。