パブリッシャーDear Villagersが発売するタイムループアドベンチャー『The Forgotten City(忘れられた都市)』のXbox版から、日本語が削除されていることがわかりました。

本作は『The Elder Scrolls V: Skyrim』の大型Modを、Unreal Engineでリメイクしたタイムループアドベンチャーゲーム。海外PC版は7月28日に発売され、メタスコア85点、Steamレビューは“圧倒的に好評”と高い評価を得ている作品です。

そんな本作ですが、Xbox Game Pass対応で配信されていたXbox版からアップデートで日本語が削除されてしまったようです。開発元Modern Story Tellerに問い合わせたユーザーのツイートによると、「未完成の日本語翻訳が誤ってXboxでリリースされていた」ため修正したと説明、公式な日本語サポートは2022年3月3日に行われるとのことです。

2022年3月3日は、オーイズミ・アミュージオがパブリッシングを行う日本語PS4/PS5版の発売日。しかし、本記事執筆時点ではオーイズミ・アミュージオおよび海外版パブリッシャーDear Villagersからの正式なアナウンスはされていません。

また、PC版は発売当初日本語に対応していたものの、フォーラムにて8月初旬に行われたバージョン1.1アップデートにて日本語が削除されたことが報告されており、Game*Sparkの爆速プレイレポでも確認されています。