Focus Entertainmentは、Cold Iron Studios開発の協力型シューター『Aliens: Fireteam Elite』が海外時間2021年12月14日から、マイクロソフトのサブスクリプションサービス「Xbox Game Pass」に追加されることを発表しました。同日にシーズン2アップデート「POINT DEFENSE」も実施されます。

本作は「エイリアン」の世界をベースにした最大3人参加可能なTPS。Xbox公式情報サイトXbox Wireによると「Xbox Game Pass」はPC/Xbox版それぞれで利用でき、マイクロソフト配信バージョンのプラットフォーム同士のクロスプレイにも対応しています。

また同日配信のシーズン2アップデートでは、新たなゲームモード「POINT DEFENSE」が登場します。ゲーム内統計機能「Lifetime Stats」や新たな装備品、チャレンジカードやコスメティックアイテムなども追加されます。

『Aliens: Fireteam Elite』は、PC/PS5/PS4/Xbox Series X|S/Xbox One向けに配信中。海外時間2021年12月14日から「Xbox Game Pass」に対応です。