セガは、パラマウント・ピクチャーズと共同制作の映画「Sonic the Hedgehog 2」(邦題「ソニック・ザ・ムービー/ソニック VS ナックルズ」)の全世界興行収入3億3,164万ドル(約430億円)を達成したと発表しました。

本映画は映画「Sonic the Hedgehog」(邦題「ソニック・ザ・ムービー」、以下前作)の続編であり、3月31日から全世界で順次公開されていました。ヒーローになりたい世界最速のハリネズミ「ソニック」だけでなく、メカが作れる仲間「テイルス」や最強パワーのライバル「ナックルズ」、そして悪の天才科学者「ドクター・ロボトニック」が登場します。

公開直後に全米週末興行収入が約90億円に達したことが明らかとなっていた本映画ですが、このたび全米興行収入についても1億6,274万ドル(約210億円)となり前作を上回ったとのこと。これによって前作が達成したゲーム原作映画としての興行収入記録も更新しています。

映画「ソニック・ザ・ムービー/ソニック VS ナックルズ」は、日本では8月19日に公開予定です。