2020年、米ウィスコンシン州ケノーシャの路上で白人男性が抗議デモ参加者3名を死傷させる事件が発生しました。当時、17歳だったカイル・リッテンハウス氏は殺人などの罪に問われましたが、翌年の裁判で無罪に。そして2022年、同氏は自身にまつわる報道に関して、メディアを訴訟する資金集めとしてゲーム『Kyle Rittenhouse's Turkey Shoot』をリリースすることを告知しました。

ウィスコンシン州ケノーシャでは、現地時間2020年8月23日に警官が黒人男性を背後から複数回銃撃する事件が発生。翌日には市民による人種差別に反対する抗議デモが行われ、最終的に州兵の動員といった事態に発展しています。

そして同月25日夜、リッテンハウス氏は抗議デモ参加者2名を射殺、1名を負傷させました。26日に逮捕された同氏は有罪となれば終身刑が課される可能性もありましたが、翌年の裁判にて無罪評決が下されています。

銃規制を巡る議論などもあり各所で報じられた本裁判ですが、同氏は無罪判決後からFox Newsとのインタビューにて、当時の報道についてメディアに法的措置を取ることを示唆しました。インタビューでは具体的なメディア名は明かされませんでしたが、今回公開されたゲーム告知ページでは「“左翼メディア機関(原文ママ)”を訴えるために」と記載されています。

告知ページによると、ゲームはリッテンハウス氏が「フェイクニュース七面鳥」を銃撃してスコアを稼ぐ内容となっており、価格は9.99ドル(約1,300円)になるほか、Mint Studioというスタジオが開発するといいます。

リリース日や対応プラットフォームは不明ですが、『Kyle Rittenhouse's Turkey Shoot』は現在予約受け付け中となっています。