“RTA in Japan”やeスポーツイベントの協賛で知られるアパレルブランド・株式会社無敵時間は、2022年7月5日に「無敵時間」を商標登録出願したことを発表しました。

出願された商標の区分は「25類(被服ほか)」と「35類(被服の小売又は卸売の業務において行われる顧客に対する便益の提供ほか)」の二種類となります。同社によると、出願の理由は「無敵時間」を先に商標登録されて商用利用できなくなると困るからで、あくまで防御対策的なものであるということです。

そのため、今後「無敵時間」という言葉を普段使う言葉として独占するつもりはないとコメント。現時点では出願しただけで登録されるかは不明なため、正式に登録された際にあらためて報告するようです。

なお、同社では8月11日から開催されるチャリティーイベント「RTA in Japan Summer 2022」への協賛を発表しています。公式サイトでは協賛グッズの販売も行われています(売上の一部は「国境なき医師団」および「新型コロナウイルス感染症危機対応募金」へ寄付されます)。