Annapurna Interactiveは、BlueTwelve Studioによるサイバーパンク猫ADV『Stray』を、PC(Steam)/PS5/PS4向けに発売しました。

本作は、家族からはぐれた野良猫が衰退したサイバーシティからの脱出を目指す、三人称視点のアクションアドベンチャーです。発売前には、PlayStation作品ページで「爪とぎ」といった猫らしいアクションの実装が紹介されたほか、公式Twitterアカウントではクリアまで8時間かかることが告知されていました。

猫好きやゲーマーから注目されていた本作ですが、Metacriticでは平均スコア“84”と順調な出だし。米ワシントン・ポストからは「本作は人類の傲慢さや短絡的な技術革新について誇張していない」として、“ロボットたちが形成した社会”といった退廃的なディストピア的側面にも言及しました。

また本作は様々な企業・団体とのコラボも発表されており、ミルクティーショップ「BOBA GUYS」、ネコグッズブランド「Travel Cat」、動物保護団体「Nebraska Humane Society」などと提携していることが明らかにされています。一方「Twitter Gaming」もアイコンを『Stray』仕様に変更したり、犬と触れ合えるゲームを紹介する「Can You Pet the Dog?」も本作を紹介したりするなど、SNSでもかなり注目を集めているようです。

『Stray』は、PC(Steam)/PS5/PS4向けに発売中です。「PlayStation Plus」では、初日より「ゲームカタログ」タイトルとして配信されています。