スクウェア・エニックスは、タクティカルRPG『タクティクスオウガ リボーン』をPC(Steam)/PS5/PS4/ニンテンドースイッチ向けに2022年11月11日(Steam版は11月12日)に発売することを発表しました。

『タクティクスオウガ』は、1995年にスーパーファミコン向けタクティカルRPGとして発売。2010年には同作に新シナリオやキャラクター追加、システム刷新などを行ったPSP向けソフト『タクティクスオウガ 運命の輪』を発売しています。

『タクティクスオウガ リボーン』は、『タクティクスオウガ 運命の輪』ベースにグラフィックやサウンドを向上。また、『タクティクスオウガ 運命の輪』で採用していた“クラスごとのレベル管理”から“ユニットごとのレベル管理”への変更、バトルAIの一新、オートセーブなどプレイアビリティの向上が行われています。

本稿では、公開された最新情報を元に気になる部分を何点かピックアップして紹介していきます。

シナリオは『運命の輪』準拠?
ゲームは『タクティクスオウガ 運命の輪』をベースにしていると明言されていますが、シナリオに関しての情報はありませんでした。しかし、今回公開されたアナウンスメントトレイラーを見ると、その中にキャラクター「ラヴィニス」と思われる女性がいるのが確認できます。

「ラヴィニス」は『タクティクスオウガ 運命の輪』で新たに追加されたキャラクターのひとり。戦乱に運命を翻弄される彼女は、非常に印象に残るキャラクターでした。彼女の存在がある以上、やはりシナリオも『タクティクスオウガ 運命の輪』を基にしていると考えてよさそうです。

ちなみに、『タクティクスオウガ 運命の輪』での新規追加キャラクターは他にも数名いたので、こちらも登場するのかは気になります。

TP制が廃止?
UIを一新したという『タクティクスオウガ リボーン』。ベース作品『タクティクスオウガ 運命の輪』の戦闘フィールド画面と見比べて見るとわかるのですが、キャラクターステータスから「TP」の表示がなくなっています。

TPはスキルや必殺技を使用するために必要だったゲージです。今回のトレイラーでは「ルインハーツ」「スパイラルスカージ」などの必殺技は確認できているのですが、発動時にMPやHPを消費しているのか、あるいは回数制なのかなどの情報はわかりませんでした。

キャラクターごとの属性が復活!
『タクティクスオウガ リボーン』では、オリジナル版で存在していた「キャラクターごとのエレメント(属性)」が復活しているようです。公式サイトのスクリーンショットでは、キャラクター表示の横に属性を表すマークが描かれています。

また、属性の種類に関してはオリジナル版の「火・水・風・地」にくわえて『タクティクスオウガ 運命の輪』の「雷・氷」がユニットごとに割り振られているようです。この属性が元から決められているのか、ユニットごとの属性の影響がオリジナル版のように大きいかどうかも気になる部分です。

新たな戦闘効果も?
トレイラーやスクリーンショットの一部で、味方ユニットで敵に挟んでいるときに攻撃した際「CHAIN」という文字とともに、後ろのユニットが敵に攻撃しているシーンがあります。残念ながら攻撃後のダメージ表記はでていないため、どのような威力になるのかは不明です。

また、敵を挟んだ場合に確実に発生するのかなどの条件に関してもわかりません。しかし、もし敵を挟むことで有利になるのであれば移動力のあるユニットや、囮になれる硬いユニットでの「CHAIN」を前提にした戦略を組むこともできそうです。


今回公開されたトレイラーだけでも『タクティクスオウガ 運命の輪』にあった「C.H.A.R.I.O.T.」やユニット負傷などのシステムが確認できます。また、公式サイトでは10人までの出撃数、トレイラーでは12人の出撃数があるため、こちらもPSP版をベースにしているようです。

『タクティクスオウガ リボーン』は、PC(Steam)/PS5/PS4/ニンテンドースイッチ向けに2022年11月11日(Steam版は11月12日)に発売予定です。