スクウェア・エニックスは8月12日、『ファイナルファンタジー XIV』の次回アップデートで実装される情報をお届けする「第72回 FFXIVプロデューサーレターLIVE」を配信しました。「万魔殿パンデモニウム:煉獄編」や「無人島開拓」、「武器強化コンテンツ」などの詳細な情報が発表された今回の放送を、ひとまとめにしてお届けします!

パッチ6.2『禁断の記憶』は8月23日配信予定!いろいろ気になるトレイラーも解禁
放送の冒頭はパッチ6.2のトレイラーからスタート。今回のメインストーリーでは「ヴォイド」と呼ばれている第十三世界が大きく関わってくるほか、アシエンの一人である「ラハブレア」、突き刺さっているヒルディブランドなど、多数の気になるポイントが登場。

そんなパッチ6.2の配信予定日は8月23日と発表されました。なお、高難度コンテンツの「万魔殿パンデモニウム零式:煉獄編」は、パッチ公開から1週間後の8月30日にずらして実装されることが発表されています。

メインクエストでは「異界孤城 トロイアコート」と、名称不明の討滅戦が実装されます。特にトロイアコートのマップについては「ストーリー上で変わった使われ方をしている」と吉田氏のコメントがあったため、今後も要チェックです。

サブストーリークエストでは「タタルの大繁盛商店」や「事件屋ヒルディブランド」など、以前のパッチで実装されたストーリーにもさらなる展開を見せていきます。「タタルの大繁盛商店」では『蒼天のイシュガルド』のアライアンスレイドシリーズ「シャドウ・オブ・マハ」シリーズのクエストクリアが前提条件となっている模様です。

「ヒルディブランド」のクエストは6.xシリーズの「武器強化コンテンツ」にも派生していくので、こちらもパッチの実装前にしっかりと進めておく必要がありそうです。

ソロでのコンテンツ攻略が可能となる「コンテンツサポーター」機能も対応範囲が拡大され、『新生エオルゼア』パッチ2.1以降のメインストーリーで訪れるダンジョン、そして拡張パッケージ『蒼天のイシュガルド』の一部ダンジョンが対応します。

『蒼天のイシュガルド』のダンジョンではストーリーに登場するNPCとも攻略が可能で、「こういうシーンが見たかったんだよな」という部分を意識しているとのこと。ボスのギミックやカットシーンまで変更を加えるなど、初心者だけでなく既プレイ者層にも嬉しい改修が施されています。

8人用コンテンツであった「皇都イシュガルド防衛戦」は1人用のイベントバトルに改修され、代わりにプレイヤーが初めて挑戦することになる8人用コンテンツ「善王モグル・モグXII世」については「(既プレイの方は拍子抜けするぐらい)優しく、わかりやすいコンテンツ」に改修されたと吉田氏は補足しています。

今までもギミックの関係上、「気が付いたら全滅していた」ということが見られたコンテンツではあったので、改修によりこれまでソロプレイをしてきた方も安心して攻略できそうです。

「パンデモニウム零式」は8月30日実装予定!今回の零式は「結構ムズい」!?
パッチ6.2ではレイドコンテンツ「万魔殿パンデモニウム」の新しいストーリー「煉獄編」が実装されるほか、今回は高難度版の「万魔殿パンデモニウム零式」がパッチ6.2公開より1週間遅れての実装とする試みも。

新しい装備やステータスを上昇させるアイテムの準備、コンテンツ攻略のための予習や練習の時間など、さまざまなプレイヤーに対して影響が出るので、こちらについては今後の方針を決定するためにも、フィードバックを受け付けているとのことです。

そんな「パンデモニウム零式」のコンテンツ内容について、吉田氏は「結構ムズいよ」とコメント。また、新しいギミックも盛り込まれているとのことでした。一方でサウンドなどには強いこだわりが込められているようなので、そのあたりも含めて期待ができます。

プロト・カーバンクル


召喚士のカーバンクル


実機のプレイ場面では「プロト・カーバンクル」が登場。「カーバンクル」といえば今では召喚士の愛くるしいペットですが、映し出されたのは鋭利な爪を持った凶悪なモンスター。「戦闘エリアが狭い」という視聴者のコメントに対して「狭いのには、理由がある」と反応する場面もありました。

さらにはコンテンツ報酬の装備を紹介する場面も。今回は「防具にVFX(エフェクト)が付いている」という装備になっています。武器であればこのようなエフェクトがついているものも登場していましたが、炎や光輪などのエフェクト付き防具は初の試みです。

装備と交換可能なアイテム「断章」も今回から一部レートが変更され、より入手しやすい形となることも発表されました。強力な装備を素早く入手することで攻略を楽にするほか、複数のジョブの装備を強くしたいときにも役立つ仕様となっています。

また、大型アップデートの注目のひとつとなっている「ジョブ調整」については、今後はどういった意図を持ってジョブの調整を行ったかを明確に発信していく方針が打ち出されました。生放送では伝えきれない意図やニュアンスがあるので、そちらについては今後のパッチノートやジョブガイドを確認してほしいとのことです。

戦闘の重要なステータスである「クリティカル」と「ダイレクトヒット」にも調整が施され、クリティカル/ダイレクトヒットが確定で発動するアクションについては、バフの効果によって与ダメージが上昇するように仕様変更されます。確定でクリティカルとダイレクトヒットが発動するアクションを持っている戦士などを筆頭に、どのステータスを伸ばすかの考え方が変わりそうです。

<cms-pagelink data-text="次ページ:新コンテンツ、まだまだあります!「無人島開拓」情報も!" data-page="2" data-class="center"></cms-pagelink>

さらなる冒険の世界へ!その他の実装コンテンツも紹介!
パッチ6.2では以前から話題となっていた「無人島開拓」がいよいよ実装され、今回の放送では実機のプレイで序盤の動きなどを解説していく場面もありました。「無人島開拓」は一人用のコンテンツで、コンテンツの開放条件はパッチ6.0のストーリークリアが必要となっているので、少し注意が必要です。

無人島では素材を収集して道具を作成し、さらに素材を集めて拠点を発展させていくという一連の流れがあります。拠点を発展させることで作物や動物を育てたり、島の工芸品を作ったりといったことも可能となっていきます。

島のシステムに触れる序盤のチュートリアルは2時間半程度とのことで、それ以降は自分のペースで進めていけます。島内ではコンテンツファインダー機能によるコンテンツ申請も可能で、コンテンツの合間に無人島を進めていく、といった遊び方もできそう。

専用のUIである「開拓管理ボード」を用いて、収集や作物の水やりなど「モード」を切り替えてオブジェクトにアクセスをしていきます。「モードを切り替えて、何かをする」という基本的な遊び方を覚えておいてほしい、と吉田氏の補足も。島内ではスプリントの使用が可能で、島の開発を進めることによりフライングマウントでの移動も可能になる様子。

島を発展させていくことで得られる経験値によって島のランクが上がり、さらには島専用のスクリップではさまざまなアイテムが交換可能となるほか、島の開墾などにも必要となっていきます。ヘアカタログやマウント、おしゃれ装備など豪華なアイテムのラインナップが表示されている場面も。

続いて、少人数向けのコンテンツである「ヴァリアントダンジョン」と高難度版「アナザーダンジョン」についても詳細が発表されました。概要は以前の放送でも触れられている通り、ダンジョン内の行動によってルートが分岐するダンジョンを攻略していきます。

ヴァリアントダンジョン内では「ヴァリアントアクション」と呼ばれる特殊なアクションが使用可能で、回復や防御力を高めるバフなど、ロールの差を埋めるアクションが主となっています。このアクションにより、幅広いジョブ編成でコンテンツを楽しめます。アクションのなかには、かつて存在した「範囲挑発」こと「アルティメイタム」の懐かしい姿も。

ダンジョンはメンバーのほかにNPCとも探索をし、「NPCは結構喋る」とのこと。今回の「シラディハ遺跡」ではウルダハのナナモ女王と共に手記を集め、謎解き要素などもあるストーリーを追っていきます。なお、コンテンツ1回にかかる時間は短めながらも手応えのある内容とのこと。

一方の高難度版「アナザーダンジョン」は「ヴァリアントダンジョン」と似て非なるものであり、かなりの難易度のコンテンツとなっている様子。ヴァリアントダンジョンのルールに加えて、ロールの制限やアクションの制限など厳しいルールが課せられています。

ボスの難易度はもちろんのことながら、ダンジョン道中の敵もかなりの脅威になっているとの説明がありました。どのモンスターから戦闘を開始するかなど、これまでの「ディープダンジョン」シリーズのようなパーティーの戦略が重要となりそうです。

その他にも、パッチ6.2ではグラフィック関連のアップデート、ミラージュドレッサーの収納枠が増加、PvPコンテンツではロボに乗って戦う「ヒドゥンゴージ」が復活するなど、さまざまなアップデートが予定されています。



ということで今回は、パッチ6.2で実装されるコンテンツの詳細な情報をお届けしてきました。今回公開されたトレイラーでは『FF4』を意識した演出もあり、メインストーリーやパンデモニウムなど、様々なストーリーに非常に期待が持てます。

無人島開拓も「一生これで遊べそう」なコンテンツの予感がするので、実装が楽しみです!今回の放送はこちらから視聴可能です。前回の放送もあわせてご確認ください。

また、2019年以来の開催となった『FF14』単独のオーケストラコンサート「Eorzean Symphony」の開催も発表され、8月21日までプレイヤー限定の先行抽選受付を実施中です。筆者は2019年の公演に足を運びましたが、オーケストラの生演奏や演出は圧巻の一言だったので、ぜひ応募することを強くオススメします!

『ファイナルファンタジー XIV』はPC/PS4/PS5向けに配信中です。次期アップデートの「パッチ6.2」は8月23日に配信予定です。