Playmajiはレトロゲーム互換機「POLYMEGA」の最新システムソフトウェアアップデートが来週配信となることを発表しました。

バージョン1.1.22となる次回アップデートでは、セガサターン向けのMPEG/VCDカード対応、新たなパッチブラウザ、チートコード対応、NINTENDO64データベース収録などを特色としています。主な新機能は次の通り。

Polymega'ゲームデータベースにN64ゲームカタログを完全収録しました(N64 DDゲームは含まれません)。
セガSaturn MPEG/VCDカードに対応し、MPEG機能を搭載したゲームタイトルを追加しました。
SSP Patch Fileのサポートを追加しました。
Gameshark、Game Genie、Action ReplayのCheat Codeをサポートしました。
検索、フィルタリングなどが可能なパッチブラウザを改良して追加しました。
CDゲームへのパッチ適用時のプログレスバーを追加しました。
CDゲームパッチにキャッシュ機能を追加しました。初回パッチ適用後、パッチを供給したメディアがある限り、連続したプレイはほぼ即座にパッチが適用されます。
240Pビデオ出力を追加し、HDMIからコンポジットまたはRGBアダプターを使用してレトロなCRTディスプレイでPolymega を再生できるようになりました。これは、ビデオ設定 > 画面の解像度を調整するページで選択することができます。このモードでは、Polymega'のユーザーインターフェースは、高い4:3の解像度でレターボックス化され、ゲームをプレイするときに240Pに落とされます。
720p ビデオ出力に対応しました。
EM03 Mega および EM04 Turbo モジュールで XE-1 AP Controller をサポートしました。
ヘッドセットやヘッドホンなど、多くのUSBオーディオデバイスに対応しました。対応機器を接続すると、音声は自動的にHDMIからルーティングされます。
各ゲームにGame Time Played Trackerを追加しました。これは、これまでにゲームをプレイした時間を示しています。このデータは、Polymega's User Interface のさまざまな場所で、ゲームタイトルの下にあるゲーム情報行に表示されます。
ゲーム管理画面に「クリア済みとしてマークする」オプションを追加しました。ゲーム管理画面に「完了マーク」を追加し、ホーム画面の「完了したゲーム」プレイリストに表示することで、プレイしたゲームの記録を残すことができます。
ストレージデバイスから別のストレージデバイスへのゲームの一括転送をサポートしました。ストレージ設定画面で、「管理」、「一括転送」の順に選択し、別の論理デバイスに移動させたいゲームを選択(または「すべて選択」)することで行えるようになります。
Polymega に新しいスクリーンセーバーを追加 - "Pachinko", "Rebound", "Nostalgia Field", "16-bit Blobs".
ホーム画面から「最近追加されたプレイリスト」を非表示にする機能を追加しました。
プレイを続ける」列から個々のゲームを削除する機能を追加しました。
プレイリスト編集ビューにフィルターピン機能を追加しました。

完全なパッチノートは公式サイトにてご確認下さい。システムソフトウェアアップデート1.1.22は太平洋標準時9月20日に配信予定。なお、NINTENDO64のカートリッジを使用できるようになる新モジュール「EM05」は近日中に予約受付を開始するとのことです。