わくわくゲームズは、ひとりサークル「匙投げ部」が開発するホラー×恋愛ADV『ホーンテッド・ガールズ』をリリースしました。

本作は「ホラー×恋愛」をテーマにした「一粒で二度美味しい」ギャルゲーです。ハッピーエンドは甘々なストーリー、バッドエンドは最恐のストーリーが楽しめるマルチエンディングを採用。一部にショッキングな描写もあるといいます。

ネクロマンサー見習いで普通の人間が主人公。アンデッドの魔族について研究するため「人間保護区」の外へと旅に出ます。森で迷っていた主人公はゾンビ・キョンシー・ヴァンパイアの少女と出会い、彼女たちに案内され、魔族の学校に留学生として迎えられることになるというストーリーです。

気の強い性格でヴァンパイアの少女「フローレン」、キョンシーの少女「メイ・クイ」、ゾンビの少女「アミティエ」、 3人のヒロインと会話を進めて重要な選択を行っていきます。

『ホーンテッド・ガールズ』はPC(Steam)向けで配信中。価格は550円です。