パブリッシャー・Deck 13 Spotlightは、ドイツ産JRPG『Chained Echoes(チェインド・エコーズ)』を2022年12月8日にリリースすることを発表しました。

本作は、ドイツのゲーム開発者マティアス・リンダ氏がなんと1人で7年掛けて制作されたJRPG作品。中世ファンタジーな剣と魔法と、スチームパンクなメカが融合したファンタジー世界や、SFCや初代PSから影響を受けたというドット絵や音楽などが特徴です。

戦闘はターンベースですが、「オーバードライブ」とよばれるシステムにより速いバトルペースと深みのある戦術性を実現しているとのこと。パーティ個々のスキルセットをうまく調整すれば凶悪な敵もサクッと倒せるそうです。

『Chained Echoes』は、日本語に対応して12月8日にPC(Steam/GOG.com)/PS4/PS5/Xbox One/Xbox Series X|S/ニンテンドースイッチ向けに配信予定。価格は2,980円となります。また、ゲームサブスクサービス「Xbox/PC Game Pass」にも配信初日より対応します。

また、2023年夏頃にパッケージ版の発売も予定。First Press Gamesでは限定版の予約も受け付けています(日本への配送も対応)。