Guild Studioは、2D横スクロールアクションRPG『Shadow of the Guild』をPC(Steam)向けにリリースしました。

本作は剣と魔法とステルス暗殺を駆使して戦っていくベルトスクロール形式の2DアクションRPGで、フランスの個人開発者/作家のロビン・ビュイソン氏の作品「雨の商人ギルド」を原作にしたSFファンタジーです。

舞台となる砂に覆われた惑星アリディアは、水が何よりも希少な存在。人々は巨大な商業組織「ギルド・オブ・レイン」から水を確保していますが、その覇権をひっくり返そうと邪悪な皇帝ゲスロ三世は独自の艦隊を組織して立ちはだかります。プレイヤーは魔法の呪文、ステルス暗殺、戦士の力を組み合わせてコンボを決めて敵を倒していき、ゲスロ三世の野望を打ち砕いていきます。


主な特徴
イラスト風のユニークな世界が目を惹き、戦士/魔道士/暗殺者のスキルツリーを通して成長するRPG要素と、剣と魔法を駆使した爽快なコンボアクションが特徴です。敵を倒すだけでなく、エリアを探索すればサイドクエストや隠された通路も発見できるようです。また、名作アクション『プリンス・オブ・ペルシャ』へのオマージュもあるとのこと。

剣と魔法で爽快なコンボを決めて敵を倒す2D横スクロールアクションRPG『Shadow of the Guild』はPC(Steam)向けに11月18日まで25%オフの1,050円で配信中です。