スクウェア・エニックスは11月11日、『ファイナルファンタジー XIV』の次回アップデートで実装される情報をお届けする「第74回 FFXIVプロデューサーレターLIVE」を配信しました。

大きな進展を迎えるメインストーリーのほか、無人島開拓のアップデートや新たな「絶」コンテンツなど様々なコンテンツが追加される次回のアップデート情報を、ひとまとめにしてお届けします!

パッチ6.3「天の祝祭、地の鳴動」は来年1月上旬配信予定!
まずはパッチタイトルと配信予定時期が公開されました。パッチ6.3「天の祝祭、地の鳴動」は来年、2023年1月上旬の配信が予定されており、吉田氏は「お正月明けすぐのタイミング」と補足。

今回のパッチのメインストーリーではパッチ6.2で登場したNPC「ゼロ」が引き続き登場。再びガレマルドが舞台となるようなスクリーンショットも公開され、吉田氏いわく「かなり物語が動く」とのことです。

メインストーリーでは新たなインスタンスダンジョン「雪山冥洞 ラピス・マナリス」を訪れることとなり、ガレマルド方面なのか、"ラピス・マナリス"という名前が意味するものなど、考察の余地がありそうです。

さらに「(ゴルベーザ)四天王の名前が流れておりますが、私は何も言いません」と流れてきたコメントに対して吉田氏が反応する場面も。

そのほか世界各地を巡る「タタルの大繁盛商店」やパッチ6.2クリア後に開放される「新たなる冒険 番外編」の続編も追加され、その後のパッチ6.35では「ヒルディブランド」、「マンダヴィルウェポン」ストーリーの続きが実装されます。

クラフター向けの友好部族クエスト、「レポリット族」がパッチ6.35にて登場します。通例、この「パッチx.3」の友好部族クエストで交換可能になる素材は今後のクラフター・ギャザラー用装備に欠かせないものとなっているので、パッチ6.35が実装された際には毎日しっかり取り組んでおいた方が良さそうです…。

「コンテンツサポーター」の対応を目的としたコンテンツ改修も引き続き行われており、今回は『蒼天のイシュガルド』のメインストーリーで訪れる全てのダンジョンがソロで攻略可能となりました。

「クリスタルタワー」や「討滅戦」はマッチング機能を利用する必要があるものの、これで「フリートライアル」で遊べる範囲までのダンジョンは一人でも遊べるようになります。

24人レイドや新しい「絶」など、多数のコンテンツが追加!
ストーリークエストだけでなく、様々な戦闘コンテンツもパッチ6.3では追加予定です。エオルゼア十二神をめぐる物語のアライアンスレイド「ミソロジー・オブ・エオルゼア」では「喜びの神域 エウプロシュネ」が実装され、今回は「ノフィカ」「アルジク」「ハルオーネ」「メネフィナ」あたりがボスとして登場するのではと予想されます。

パッチ6.3の実装から2週間後には新しい「絶」シリーズの高難度コンテンツが実装されます。どういったコンテンツとなるかは明かされていないものの、これまでの傾向から推察すると今回は『紅蓮のリベレーター』で実装されたコンテンツ、「次元の狭間オメガ」や「四聖獣奇譚」などを題材としているのでは、という声も。

今回実装される討滅戦もシークレットとなっており、前回の「バルバリシア」のように「プレイヤー皆様の驚きを優先したい」と吉田氏は説明しています。

「幻討滅戦」ではセフィロトに引き続き三闘神「ソフィア討滅戦」が実装となります。天秤の判断を誤るとフィールドから落下してしまうこの凶悪なコンテンツ、手応えがありそうです。

<cms-pagelink data-text="次ページ:新しい「ディープダンジョン」やその他コンテンツ情報、まだまあります!" data-page="2" data-class="center"></cms-pagelink>

さらには「アメノミハシラ」以来のディープダンジョンコンテンツ、「オルト・エウレカ」がパッチ6.35にて実装予定です。

毎回地形が変わるダンジョンを専用のアクションを駆使しながら攻略していくコンテンツであり、このシステムを把握してほしいという理由で、ディープダンジョン「死者の宮殿」の50階踏破がコンテンツの前提条件となっています。

これまで同様ディープダンジョンでレベリングも可能であり、「新しいフィーチャー」要素もあるとのこと。「オルト・エウレカ」の詳細は次回のPLLで紹介されるようです。

プレイヤーの注目度が高い「ジョブ調整」も実施される予定であり、今回も「調整の意図」を開発から発信していくとのこと。ナイトはスキルのローテーションが大幅に変更される予定ではあるものの、その他には特に大きな変更はないようです。

PvPコンテンツでもアクションに調整が入るほか、色々な報酬が得られる「シリーズ3」、ランクマッチの「シーズン5」などもスタートします。

「クリスタルコンフリクト」では和風の新ステージが新たに追加され、「『風雲!なおき城!?』」といったコメントも。「クガネ城」のコンテンツで登場したNPCカゲヤマらしき姿も映っており、ダイゴロウやヨウジンボウの登場なども期待できます。

無人島開拓やハウジングなど、その他のアップデートも!
戦闘コンテンツの他にも様々なコンテンツのアップデートが予定されており、クラフター・ギャザラーへ向けたアップデートでは道具強化コンテンツ、新しいお得意様取引などが追加されます。

「フサフサ」で孤高の名匠、グレノルト

「アンデンさん」…?(真ん中)

『漆黒』の「スカイスチール」のような強化コンテンツでは「ハゲてないゲロルト」こと名匠グレノルトが再登場。お得意様取引では、ピクシー族のクエストで名前のみの登場だった「羊飼いアンデンさん(草人)」さんが登場……?どういった物語となっていくのでしょうか。

収集品採集の際に収集価値が表示される、魚類図鑑に情報が追加など細かなアップデートも実施されます。さらには高地ラノシアに刺突魚のスポットが追加され、『新生エオルゼア』のエリアでは初の潜水が可能に。湖に沈められたニーム時代の神殿遺跡、「ワンダラーパレス」の周辺が潜れるようになります。

無人島開拓もアップデートが実施され、開拓ランクの上限が上昇するほか、新しい報酬や素材なども追加されます。捕獲可能な野生動物も増え、「グリフィン」や「トラ」「モルボルバルブ(幼体のモルボル)」など、生態系が心配になる派手なラインナップも。

プレイヤーからの多数のフィードバックに基づいた、UI面など細かい部分もアップデートによって利便性を向上させていくようです。依頼した素材の一括受け取り機能などはクリック回数が大幅に減るので、嬉しい仕様に。

さらにハウジングの土地も各エリアに12区画ずつ追加されていき、今回も引き続き抽選販売方式で販売が実施されるようです。フリーカンパニー用/個人用の土地の割合は今後発表されるとのことで、できれば個人用の区画を多めに実装してもらいたいところ。

UI面でも利便性が大幅に向上するように。敵の攻撃の種別(「物理攻撃」「魔法攻撃」など)が表示されるようになり、ダメージ軽減アクションを使用しやすくなるほか、パーティーメンバーのバフ効果時間も表示されるようになるなど、戦闘面の細かい部分が改善されていきます。

そのほか、エルピスエリア専用の「地図(トレジャーハント)」コンテンツの実装をはじめ、リテイナーのアップデートなど様々なものがパッチ6.3にて実施予定となっています。


今回はパッチ6.3のコンテンツの情報をお届けしてきました。『暁月のフィナーレ』実装からはやくも1年が訪れようとしているなか、メインストーリーや新しい「絶」など、飽きの来ない注目のコンテンツがパッチ6.3にて実装されます!

『ファイナルファンタジー XIV』はPC/PS4/PS5向けに配信中です。次期アップデートの「パッチ6.3」は2023年1月上旬に配信予定。今回の放送はこちらより視聴できます。