Obsidian Entertainmentは、サバイバルアドベンチャーゲーム『Grounded』で次回配信予定のアップデート「1.1」に関する最新情報を発表しました。ティザートレイラーも公開されています。

アップデートはゲームのQoL向上や新たな建設メニュー、コミュニティからの要望が多かった機能の追加などを重視しています。アップデート後はインベントリの拡張が行われるほか、アイテムをすぐ使用できるポーチが3つまで利用可能になるようです。

拠点建築では、鯉のウロコを利用した椅子など、新たな家具が追加されます。また、コミュニティから「ストレージから素材を消費して建築できるようにしてほしい」との要望が多く、次回の更新で新機能として実装する予定であることを明らかにしています。さらに、ジップラインの拡張機能も追加されるようです。

なお、2022年11月17日に配信される「Casually Grounded Dev Stream」では、本作のスタッフを招いてこれらの新機能に関する紹介のほか、1.1アップデートに向けた新たな機能なども明らかになるようです。

『Grounded』は、PC(Steam/Microsoftストア)/Xbox Series X|S/Xbox One向けに配信中。サブスクリプションサービス「Game Pass」にも対応しています。