PLAIONは、『Saints Row(セインツロウ)』のアップデート1.2「ブライト・フューチャー」を配信し、パッチノートを公開しました。

「ブライト・フューチャー」は本作発売後初となる大型アップデートであり、200点以上の修正・改良を含みます。安定性と協力プレイのゲームプレイに関わるものが中心であるとされており、スムーズにゲームに復帰してより楽しめるように新機能も追加されています。また本アップデートは2022年以降も続くサポートの第一弾にすぎないということも記されています。

具体的には報告があったバグの修正や、シングルおよび協力プレイでの安定性が向上されているほか、戦闘バランスの調整、集めたビークルの使用・管理がしやすくなるようなガレージ改善などが実施されています。シノギやミッションなどにも多数の修正が施された本アップデートの詳しい内容は、こちらのパッチノートで確認することができます。

またデベロッパーのDeep Silver VolitionはPLAION傘下でしたが、この度Gearbox Entertainmentの傘下へと移ったことが、Embracer Groupの2022会計年度第2四半期中間報告の中で明らかとなりました。同報告の中では、本作はファンの期待に応えられずデベロッパーは改善に懸命に取り組んでいるものの、財政的には経営陣の期待に応えるものであったということも述べられています。

『セインツロウ』は、PS5/PS4/Xbox Series X|S/Xbox One/Windows(Epic Gamesストア)向けに発売中です。