Game*Spark編集部がオススメする11月第3週の特選インディー3選をお届け!

今週は、たった1人が趣味で手掛ける食事配達シューティング『ARMED EATS』、ブラジル版『GTA』なオープンワールドアクション『171』、『RimWorld』Mod開発者による新作コロニーシム『Ascent of Ashes』の3本です。

ARMED EATS
本作は、ゲームクリエイターのRamune氏がたった1人で制作中の横スクロールシューティングゲームです。11月13日に開催されたデジゲー博2022にて試遊台とともに展示され、その内容が明らかになりました。

かつて日本一ソフトウェアの『夜廻』や『ラピス・リ・アビス』を開発していた経験があるというRamune氏。普段はゲーム会社でイラストを手掛けており、本作は趣味で制作しているとのことです。しかし、本作は圧倒的なグラフィックにド派手な演出を備え、さらに普通のシューティングとは一味違うようです。

タイトルにある通り、本作はUber Eatsに影響を受けており、マップ上を探索し、敵やオブジェクトを破壊しながらフードチップというアイテムを集めて料理を作っていくことが目的となっています。実際に体験した筆者によると、難度は高く、何回もゲームオーバーになりながら少しずつ配達がうまくなるような内容になっているとのこと。詳しい内容はこちらのプレイレポートにて紹介しています。

タイトル:ARMED EATS
対応機種:未定
発売日:未定
価格:未定
日本語:あり

171
2022年11月17日、Betagames Groupは、オープンワールドクライムアクションADV『171』の早期アクセスをSteamにて開始しました。

本作は、ブラジルの架空都市を舞台にしたオープンワールドアクションアドベンチャー。『グランド・セフト・オート』シリーズの流れを汲んでいるといい、車両のカスタマイズや遠距離および近接戦闘、オープンワールドの探索といった要素が楽しめます。

今回公開されたトレーラーでは、プレイヤーが武器を使った銃撃戦やATM強盗をしたり、クルマを使ってフェンスを突破としたり豪快な様子が確認できます。

Steamページによると、早期アクセスはアルファ版でバグを含む可能性があり不安定さも残っており、場合によってはアップデートのために一時的にプレイを停止することもあるといいます。また、早期アクセス期間は2024年初頭を予定しているとしていますが、早期アクセスの状況などで変化する可能性もあるとのこと。製品版では、マップの拡大や新たな乗り物やメカニックの追加、キャンペーンモードの追加を予定しています。さらに、今後は海外Xbox Series X|S/Xbox One/PS4/ニンテンドースイッチでもリリースを予定しています。

タイトル:171
対応機種:PC(Steam)
発売日:2022年11月17日
価格:3,500円
日本語:なし



Ascent of Ashes
本作は、『RimWorld』の戦闘オーバーホールMod「Combat Extended」を手がけた開発者による、新作コロニーシミュレーションです。プレイヤーはポストアポカリプスな世界で、拠点を構築して世界を探検したり、生存者を管理しながら拠点の防衛を行なったりします。レイダーやエイリアン、レムナント兵などの敵との戦闘はリアルタイムで進行し、一時停止を使いながらの戦術性の高いアクションが可能となっています。

コロニーのリーダーであるプレイヤーは、冒険の合間に休息をとることができる拠点を建設し、農作物を育て、エイリアンの獣を飼いならし、有能な生存者を補充することが求められます。世界は自動生成され、バイオームや観光スポットが存在する広大な土地で、技術を回収し、生存者を探しましょう。

タイトル:Ascent of Ashes
対応機種:PC(Steam)
発売日:2023年第4四半期
価格:未定
日本語:あり