スペインのパブリッシャーUNREALITYは、NOX NOCTIS開発のアクションアドベンチャー『DO NOT OPEN』を海外PS5向けに発売し、トレイラーを公開しました。PC(Steam)版は間もなくの海外時間11月30日に発売予定です。

ランダム変化の物語展開自体が脱出に繋がるパズルのピース
本ゲームは、一人称視点で展開するシングルプレイ作品。古典的なサバイバルホラー要素と、部屋に隠された謎を解いて脱出を試みる、いわゆる脱出ゲームの要素を組み合わせた特徴を備えているとされています。

妻と娘の行方を邸宅にて追う
舞台となるのは、19世紀頃に建てられたヴィクトリアン様式の古い邸宅。プレイヤーは、動物学者および伝染病の研究者として知られる「Michael J. Goreng」として、行方不明となっている妻と娘を、超常現象やパズルを掻い潜りながら探すことになります。

ゲーム開始から終わりまで毎回異なる展開が楽しめる
舞台となる邸宅に待ち受けるパズルや謎の要素は、プレイの都度ランダムに変化する仕様を採用。謎の解明に迫る新聞の切り抜きや日記などの手がかり自体が、ランダム変化の一要素で、物語の展開そのものも毎回異なるとのこと。また、鍵や謎の組み合わせは2,193,360通りもあるとのことで、高いリプレイ性が特徴の1つに挙げられています。

SIEスペインの開発者支援プログラムによる作品
本作は、SIEスペインが2015年に開始した、現地スペインの開発者を支援するプログラム「PlayStation Talents Games Camp」によるもの。2016年に設立された現地のデベロッパーGammera Nestが全体の統括を務めるこのプログラムでは、認定を受けた開発者に対し、開発環境やマーケティングを提供。現地の産業の支援と共に、スペイン国内で完結する形で開発された作品を、世界に向けて発信することが目的とされています。

Steamでは11月30日発売、2023年にはPS4やVR対応も予定
初めに海外PS5版が発売となった本作ですが、間もなくの海外時間2022年11月30日にはPC(Steam)版が発売予定。Steamではまた体験版も現在配信中です。さらに、2023年には海外PS4版や、PS5版のPS VR2対応、PC版のPC VR対応なども予定しているとのことです。

何度も楽しめるとされる『DO NOT OPEN』は、現在海外PS5向けに24,99ユーロ(約3,600円)で配信中です。