●Digitally Downloaded: 100/100(スイッチ)詩や哲学、そして物語の行間を楽しむような人間として、私は個人的に本作のような作品に注目している。ストーリーテリングのアプローチという点において、本作は間違いなく史上最高の作品のひとつだろう。まさに名作であり、それが今、ニンテンドースイッチで遊べるのだ。
●Nintenderos: 95/100(スイッチ)
●SomosXbox: 91/100(Xbox Series X|S)本作をその兄弟作と比較するのは残酷だが、違いをいったん脇に置けば、迷路のようなダンジョンで恐ろしいシャドウと戦いながら、友人を作り、冒険し、日本の静かな田舎町で起こっている奇妙な事件を調査するという素晴らしい体験ができる。
●Push Square: 90/100(PS4)素晴らしいキャラクターが満載であり、ほぼ欠点のないゲームプレイで構築された完璧なRPGである本作を超えることは、いまだ難しい。もちろん、『ペルソナ5』の方が優れている点も多いが、明るい色彩、高揚感のあるサウンドトラック、素晴らしい設定など、『ペルソナ4』には他の作品とは一線を画す魅力がある。まさに宝石と言えるゲームだ。
●Noisy Pixel: 90/100(スイッチ)
●Nintenduo: 85/100(スイッチ)『ペルソナ4ゴールデン』が、JRPG史上最高の冒険を復活させるべく、現世代のゲーム機に帰ってきた。PlayStation Vitaで発売された時の制約がグラフィック面で露呈している箇所もあるが、それほど大きな欠点にはなっておらず、ひねりに満ちた非常に興味深い物語を楽しむことができる。
●PlayStation Universe: 80/100(PS4)
●NME: 80/100(Xbox Series X|S)
●NintendoWorldReport: 80/100(スイッチ)
●Vooks: 80/100(スイッチ)『ペルソナ4ゴールデン』は、『ペルソナ』シリーズの中でも最もよくできた作品の1つであり、今回のスイッチ移植版もその例外ではない。素晴らしい戦闘システムに支えられた素敵な物語は、新規プレイヤーもすでにクリア済みのプレイヤーもプレイする価値がある。

PS4/Xbox Series X|S/Xbox One/ニンテンドースイッチ/Windows(Microsoft Store)を対象に1月19日発売の『ペルソナ4 ザ・ゴールデン』のMetacritic海外レビューをお届けしました。Metacriticでの平均スコアは、PS4版が87点(総レビュー数5件)、Xbox Series X|S版が89点(総レビュー数7件)、スイッチ版が90点(総レビュー数18件)をマークしています。(Xbox One版は判定不可。Windows版はSteam版発売時にレビュー済み)

『ペルソナ4 ザ・ゴールデン』は、人気RPGシリーズ4作目のリマスター。グラフィックがオリジナル版より高解像度となり、操作感も滑らかになるなど、オリジナル版より一層遊びやすくなった他、オリジナルでは2周目からしか選べなかった難易度が1周目から選択できたり、セーブポイントだけでなく、プレイ中どこでも自由に中断セーブできる機能も追加されています。メディアレビューでは、JRPGとしてのクオリティの高さを絶賛する声が多く、特にスイッチで遊べるようになったことを評価する声が多いようです。

『ペルソナ4 ザ・ゴールデン』は、PS4/Xbox Series X|S/Xbox One/ニンテンドースイッチ/Windows(Microsoft Store)を対象に発売中です。