インディーデベロッパーのSmitner Studioは、証拠隠滅パズル『Hazard Pay』をWindows/LinuxPC向けにSteamで発表しました。

危険な実験の跡地で証拠を残さぬよう“事故”の処理
本作は秘密の実験施設で雇用主の犯罪の証拠を隠滅するパズルゲーム。高収入につられて怪しい仕事を受けてしまったプレイヤーは、当局による捜査の手が回らないうちに証拠を残さぬよう“事故”の処理を行います。

真っ赤な足跡を残すなどもってのほか。危険な実験の跡地を注意深く歩き、新たな“事故”を起こさないよう心がけましょう。ドット絵で描かれるアングラな雰囲気がゲームの緊張感を高めます。

ユニークな“証拠隠滅”が楽しめる
ユニークな方法での証拠隠滅が特徴だという『Hazard Pay』は、Windows/LinuxPC向けにSteamで2024年発売予定です。