先日ベータが開始されたSteamVR向け仮想空間機能「SteamVR Home」ですが、ValveはいくつかのSteam配信VRゲームとコラボした、コレクティブルアイテムの導入を発表しました。まずは所有者数やプレイ時間に基づいて選ばれた以下のタイトルとのコラボアイテムが登場。プレイヤーは自分の仮想空間やアバターの装飾に利用できるそうです。

『Job Simulator』『Fantastic Contraption』『Space Pirate Trainer』『Audioshield』『The Gallery - Episode 1: Call of the Starseed』『Arizona Sunshine』『Onward』『AirMech Command』『Serious Sam: The Last Hope』『Hover Junkers』『The Lab』『Dota 2』
「このファーストウェーブは始まりに過ぎず、これがどこに通じていくのか、私たちはワクワクしています」と語るValve。SteamVRユーザーも今後の展開を楽しみにしているのではないでしょうか。

おまけ: 海外ユーザーによるSteamVR Homeプレイ映像