多くのファンが長年その行方に注目している『Half-Life 2: Episode Three』あるいは『Half-Life 3』ですが、2016年1月にValveを退社した元ライターMarc Laidlaw氏が、海外サイトArcade Attackのインタビューにて同作の結末について語りました。

Marc Laidlaw氏は「Half-Life 3はリリースされる? また、開発には参加することを望む?」という質問に対して「わからない。戻る気はない」と答えつつ、彼が持っていた『Half-Life 2: Episode Three』のアイデアを明らかにしています。

自身が離れて歩めるよう、シリーズを次の世代に残すつもりだった。『Half-Life』から『Half-Life 2』への劇的なシフトのように、『Half-Life 2』と『Half-Life 3』の間でリセットを望んでいた。他の誰かがこの目標を共有しているかは分からないが、シリーズを継承した人に究極の自由を与えることが重要だった。残念ながらそれを行うことはできなかった。シリーズのすべてが常に、永遠に未解決で終わると予想していた。『Half-Life 2: Episode Three』あるいは『Half-Life 3』でゴードン・フリーマンの物語が終わるとの噂が出ていたが、それは正しいとは思わない。『Half-Life 2: Episode Three』は単に『Half-Life 2』における話の縦糸を結びつけるのが目的だった。ゴードン・フリーマンは『Half-Life』と『Half-Life 2』のように、不確定な空間に存在し、次のゲームが始まるのを待っている。
これらはあくまでもMarc Laidlaw氏の当時の構想であるため、現時点での計画は不明(そもそも開発してるのかどうかすら…)。果たしてゴードン・フリーマンに再び会える日は来るのでしょうか。「3以降を数えられない」と揶揄されるValveだけに、ファンも半ば諦めムードかもしれません。

『Half-Life 3』の発表を待つゴードン・フリーマンを描いたファンメイド映像