スパイク・チュンソフトは、第69回鎌倉花火大会への協賛で、PS4向けオープンワールド恐竜サバイバルアクション『ARK: Survival Evolved(アーク:サバイバル エボルブド)』の砂像を、神奈川県鎌倉市の由比ヶ浜海岸にて披露しました。

由比ヶ浜に出現したのは、『ARK: Survival Evolved』に登場する「ティラノサウルス・レックス」の巨大な砂像。太陽が照りつける夏の砂浜で、同作の完成披露イベントが催されました。

この「第69回鎌倉花火大会開催セレモニー」で披露された砂像は、『ARK』の「ティラノサウルス・レックス」だけでなく、横浜DeNAベイスターズのマスコットキャラクター「DB.スターマン」や町を見守る「まもり鳩と獅子」の合計3体が設置されました。今回開催される「第69回鎌倉花火大会」は、資金難から中止が予定されていましたが、鎌倉に焦点を当てたクラウドファンディングiikuni の力を借りて、1,000万円を超える資金を調達し最終的に開催に至った経緯があります。

飯塚康弘氏
スパイク・チュンソフトからは砂像プランの協力として参加しており、今回の完成披露イベントには、同社代表取締役社長の櫻井光俊氏、海外事業グループ執行役員の飯塚康弘氏が出席しました。

飯塚氏は、花火大会が復活することを嬉しく思っていると共に、スパイク・チュンソフトの概要を説明。花火大会に協力したのは、鎌倉の歴史ある花火大会をどうにかしようとしていることを聞きつけ、「何か力になれないか」という思いから協力したと語りました。



まもり鳩と獅子
また横浜DeNAベイスターズからは「神奈川を本拠地に活動する球団として応援したい。秋はまた野球でも花火を打ち上げたい」と、地元の仲間たちから「素敵な思い出を作り、海で事故が起きないように願いを込めて砂像を作った」コメントが送られイベントは終了しました。

DB.スターマン
PS4版『ARK: Survival Evolved』は国内で2017年8月24日に発売予定。価格は6,800円(税別)です。この砂像は8月初めまで設置が予定されています。なお鎌倉花火大会は、7月19日19時20分から20時10分まで開催予定。打ち上げ数は2,500発予定です。