!注意!本記事および動画にはネタバレ表現が含まれています。閲覧にはご注意ください
Bungieが開発を手掛け、現在は国内PS4向けのオープンベータが開催中の『Destiny 2』。本作ベータに存在するイースターエッグが海外メディアより伝えられています。

Eurogamerによると、本作ベータに存在しているイースターエッグとは、ポール・マッカートニーのもので、地球「タワー」のとある場所でポール・マッカートニーの楽曲「Hope For The Future」がかすかに聞こえてきます。この楽曲は、前作『Destiny』用に提供されており、ミュージックビデオではゲームの映像がふんだんに使用されていました。



なお、『Destiny 2』ベータでは扉が閉じられていますが、この場所の向こうは、前作に存在していた「ジュークボックス」イースターエッグがあり、旧作プレイヤーをニヤリとさせてしまう要素となっています。

『Destiny 2』国内PS4版オープンベータは2017年7月19日午前2時から7月24日午前2時まで実施中。Xbox One版ベータは予約購入者が7月20日(非予約ユーザーは7月22日から)、PC版ベータは8月に行われる予定です。