●Digitally Downloaded:100/100『ファイナルファンタジーXII ザ ゾディアック エイジ』が、超伝統的な『ファイナルファンタジーX』の継承的位置づけとしての期待とは異なるところで再評価されることを願っている。『ファイナルファンタジーXII ザ ゾディアック エイジ』の意欲的な面は、市場に存在する新しいJRPGとも異なっていて、同じくらいモダンでつんとくるし、それはシリーズの中で私が大切にしている、私にとってとても貴重なものだ。●GamesBeat:93/100



●Playstation Universe:90/100



●GameSpot:90/100

その拡張機能は既存のファンのために全く新しいゲームに変換されていないが、『ファイナルファンタジーXII ザ ゾディアック エイジ』はそれにもかかわらず爽快だ。 100時間を超える可能性のある体験だが、細かい調整が『ファイナルファンタジーXII』の壮大な冒険を新しい光で照らしている。その叙事詩的で豊富なストーリーと、実績あるガンビットシステムも、初めてイヴァリースへの旅行を逃した人々に訴えるものがあるはずだ。そして新しいオーディオとスピードのオプションのおかげで、『ファイナルファンタジーXII ザ ゾディアック エイジ』は理想的な最終版と言える。●GameInformer:90/100『ファイナルファンタジーXII ザ ゾディアック エイジ』は、リマスタリングが正しく行われた作品だ。コアコンテンツは変わらないが、さまざまなシステムの変更によって新たな発見が追加されている。これは古いファンが再び冒険を体験できることを意味し、新しいプレーヤー(または古いメカニックが苦手な人)は時代遅れの冒険に閉じ込められたと感じない。ゲームのあらゆる側面がうまくいっているわけではないが、巧妙な戦闘と幻想的なキャストのおかげで、古いRPGである本作をプレイする最善の手段は、この『ファイナルファンタジーXII ザ ゾディアック エイジ』だ。●Polygon:8.5/10



●GamesRadar+:80/100



●Wccftech:7/10あの頃に戻りたくて、そしてノスタルジアに浸りたいために『ファイナルファンタジーXII ザ ゾディアック エイジ』を遊んだら、きっと今作を気に入るだろう。あなたが初めてプレイすることに興味がある新しいプレーヤーなら、これは間違いなくその月日を示すゲームであることに胸に留めておくといい。しかし、あなたが十分な忍耐力を持っていれば、投資する価値のあるストーリーだ。
◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

7月13日に国内で発売の『ファイナルファンタジーXII ザ ゾディアック エイジ』の海外レビューをお届けしました。Metacriticでの平均スコアは87点(総レビュー57件)。美麗になったグラフィックや新たに追加されたシステムに高評価が集まり、旧作をプレイしたことない人への入門版となっているとのレビューも見られています。その一方で、残っている古いシステムを指摘する声もありました。

『ファイナルファンタジーXII ザ ゾディアック エイジ』はPlayStation 4向けに発売中。価格は、6,800円(税別)となっています。