CCP Gamesは宇宙を舞台とした壮大なスケールのMMORPG『EVE Online』のSteam版について、リージョン規制を解除し、日本からのプレイ及び課金を開放しています。


同作は、中国などの一部地域以外の全世界のプレイヤーが1つのワールドでプレイする、宇宙船を操って様々な冒険を行うMMORPG。


宇宙が舞台ということで膨大な広さのマップがあるだけでなく、非常に詳細に作り込まれた経済サイクルは他に類を見ないレベルです。自由度も高く、同作にまつわる数々の逸話はとてもゲームのものとは思えないような規模のものまで存在しています。2016年11月には制限有りながら基本無料化がなされており、サービス開始から14年経つ2017年現在でも活気豊かなタイトルです。


同作は、日本でもネクソンにより日本向けのパブリッシング及びサポートが行われていましたが、それに前後してSteamからのプレイが不可能となっていました。ネクソンは同作のサービスを2017年3月31日を持ってCCP Gamesに移管しており、今回のSteam版のリージョン規制解除はそれを受けたものであると考えられます。

なお、ネクソンのサービス終了に伴い、2017年3月以降の新規コンテンツの日本語化は行われていないものの、それ以前の、ゲームの大半のコンテンツについては日本語化がなされており、英語が苦手なユーザーでも問題なくプレイすることが可能です。


『EVE Online』Steam版は無料配信中。Steamを通じて月額1,690円の課金を行うか、課金通貨「PLEX」にて月額課金権を購入することにより、行える行動に制限の無いプレイが可能となります。ただし、『EVE Online』の仕様として、既存EVEアカウントへのSteamからの課金は不可能となっているため注意が必要です。

また、課金通貨「PLEX」は公式にゲーム内で、ゲーム内マネーを用いての取引が可能であり、十分なプレイ時間を取れるのであれば完全無料での課金アイテムの購入や、制限なしプレイも行える仕組みとなっています。

※ UPDATE(2017/7/21 1:44):既存EVEアカウントへのSteamからの課金不可について、公式FAQへのリンクを追記しました。コメントでのご指摘ありがとうございます。