『風ノ旅ビト』や『ABZû』にも携わった経験を持つ2名の開発者からなるインディーデベロッパーLion Shieldが、『SimCity』シリーズ、『Banished』、『Stronghold』などから影響を受けて制作したPC用新作ストラテジーゲーム『Kingdoms and Castles』の配信が開始されました。


本作は小さな村を成長させ、巨大な王国を築き上げるゲームです。必要とされる建物の建設などで住人の幸福度を保ち、さらなる住人の獲得を目指します。また、住人を誘拐殺害し、資源を略奪するバイキングの襲撃にも備えなければなりません。


ゲームはシンプルで可愛らしいビジュアルの他、しっかりと設計された中世都市シミュレーション、フリーフォームの城建設システム、プロシージャルな地形や現実的な成長アルゴリズムを持つ森林を備えたダイナミックな世界などを特色としています。


『Kingdoms and Castles』の対象プラットフォームはPC/Mac/Linux。980円/9.99ドルでSteamおよびGOG.comにて配信中です。なお、Steamでは今後の開発ロードマップが公開されていますが、将来的にVRへの対応も計画しているそうです。