RAZERは、ワイヤレスゲーミングマウス「Lancehead」を日本国内で7月28日に発売すると発表しました。

「Lancehead」は、独自の新技術である、Adaptive Frequency Technology(AFT/アダプティブ・フリークエンシー・テクノロジー)を採用し、無線LANやBluetoothの混線を避けることで、正確なデータ転送を高速で行うことに成功しました。また、付属のケーブルを使えば有線マウスとしても使え、充電も行うことが出来ます。

本製品には3つの特徴があります。


■高性能オムロン社製スイッチ
オムロン社製のスイッチパーツをメインボタンに採用し、5,000万回のクリック耐久性と、高速で正確なクリック入力を実現しています。

■オンボード/クラウド両方への設定保存
新しいRazer Synapse 3(現時点ではベータ)ソフトウェア対応により、マウスボタンの割当変更やマクロなどのプロファイルを、クラウドまたはマウス本体内部のオンボードメモリーへの保存を行う事ができます。これにより、ユーザーは自分の設定をどこにでも持ち運ぶことができ、友人の家やLANイベント、トーナメント大会などでも普段通りの設定でプレイすることが可能です。

■Razer Chroma対応
1,680万色のカラーオプションから好みの色、パターンでバックライトを制御できるほか、他の対応デバイスとの同期したイルミネーションも可能です。また、対応ゲームタイトルでは、ゲーム内状況に合わせたカラー、タイミングによるバックライトのシンクロが楽しめます。

製品概要は以下のようになっています。
製品名: Razer Lancehead
製品名 読み方: レイザー・ランスヘッド
製品カテゴリー: ゲーミングマウス(ワイヤレス・有線兼用)
型番: RZ01-02120100-R3A1
JANコード: 4589967496263
希望小売価格(税抜): 16,800円
希望小売価格(税込): 18,144円
発売日: 2017/7/28
センサータイプ: レーザー
解像度: 16,000 DPI
対スピード性能(IPS): 210 インチ/秒
加速性能: 50G
ボタン数: 9
スクロールホイール: ゲーミンググレード・タクタイルタイプ
ワイヤレスタイプ: 2.4GHz (AFT採用)
ポーリングレート: 最大1000Hz
本体サイズ mm(長さ x 幅 x 高さ): 126 x 71 x 38
本体重量g: 113
ケーブル長 m: 2
レシーバーサイズ mm(長さ x 幅 x 高さ): 19 x 12 x 4.5
レシーバー重量g: 1
フル充電: 4時間
バッテリー連続使用時間: 最大24時間(バックライト使用時)
対応OS: Windows 7以降/ Mac OS (10.9以降) 但しRazer Synapse 3の機能を使用するには、Windows 8以降が必要です。
対応ソフトウェア: Razer Synapse および Razer Synapse Pro(ver. 3)
Razer Chroma: 対応
主な付加機能: クイックDPI調節機能、左右対称シンメトリーシェイプ、ハイブリッド(クラウド/オンボード)プロファイル保存機能、ラバーグリップ
付属品: ワイヤレスレシーバー、ケーブル、レシーバースタンド
保証期間: 2年