海外の非公式統計サイトSteamSpyは、Blueholeより発売中の人気バトルロワイヤルシューター『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS(PUBG)』セールスが500万本に到達したことを報告しています。

SteamSpyのページによると、『PUBG』の合計所有者は2017年7月20日をもって500万人を突破。2017年6月23日には、本作クリエイティブディレクターBrendan Greene氏が自ら400万本セールスを報告していたので、1ヶ月弱ほどで、さらに100万本を積み上げた形となります。

2017年3月24日にPC版のSteam早期アクセス版が配信され、わずか4ヶ月ほどで驚異的な売れ行きを見せている『PUBG』。今後はXbox One/Xbox One X版も予定されており、勢いはまだまだ続いていくのかもしれません。