海外インディー開発者MDickie氏が手がける3Dプロレスゲーム『Wrestling Revolution 3D』のPC/Mac版がSteamで配信開始となりました。


これまではiOS/Android向けに展開していた本作。PC/Mac版では包括的なエディターですべてのキャラクターを変更保存できる他、Modによって画像や音楽の挿入も可能。唯一の制限はユーザーの想像力とのことです。

モバイル最大のレスリングシムはデスクトップでさらに大きく。9の異なるプロモーションにまたがる300人以上のキャラクター。様々なアリーナとリングの形状。2つのリングを並べた“War Games”も。ユニークなアニメーションシステムにより、いつでもチェーンレスリングに移行可能。古典的なプロレスゲームへの愛を含む、多くのカメラアングル。契約交渉から無限のマッチカレンダーまでレスラーとしての人生を描く、ゲームで最も詳細なシミュレーション。業界で最もプレイアブルなマネージメントシム。評価のために面白い試合を演出する必要がある。様々なルールをミックスして独自の試合を作成。とっつきやすくもマスターは難しいインタラクティブなチュートリアル。コントローラーでフルにプレイアブル。共有画面でのマルチプレイヤーアクションも可能。ファイルの置き換えや拡張で、世界を自分自身のものにすることができる。
一人称視点にすることも可能
見た目はレトロでも非常に自由度の高い『Wrestling Revolution 3D』。価格は通常1,480円、7月28日までは35%オフの962円となります。