数々の対戦格闘ゲームを手がける<STRONG>アークシステムワークス</STRONG>が、『League of Legends(リーグ・オブ・レジェンド)』の<STRONG>Riot Games</STRONG>本社を訪問していたことがわかりました。

アークシステムワークスは、7月21日付けの同社公式Twitter上で、ロサンゼルスのRiot Games訪問を報告。「広大な社屋にはカフェ、PCカフェ、無料の社食、そしてネズミ駆除用の鷹匠がいたり…規模感がすごすぎて、言葉が出ない状態」とコメントしています。

同社がRiotに行った目的は、単なる交流だったのか、あるいは別の何かだったのか、詳細は不明。海外ゲーマーの間では、先日Evoで発表した『BLAZBLUE CROSS TAGBATTLE』への『LoL』チャンピオン参戦、あるいは『LoL』が世界観の格闘ゲームを開発…などなど、憶測が飛び交っているようです。