オーストラリアで開催された、Blizzard公式世界大会「<STRONG>オーバーウォッチ ワールドカップ 2017</STRONG>」のグループステージ予選。スペイン、ベトナム、フィンランドと争ったグループDを1位通過した日本代表は、プレイオフでグループCを2位通過のオーストラリアと対戦しました。



スウェーデンに並ぶ強豪チームだけあって、第1マッチから常に押され気味の厳しい戦いを強いられた日本。最終戦のサドンデスまでもつれる粘りの戦いを見せたものの、あと一歩のところでオーストラリアに敗れてしまい、昨年に続きBlizzCon決勝トーナメントへの切符は手にすることができませんでした。




日本は、AKTM、Ta1yo両アタッカーが様々な局面で印象的なパフォーマンスを発揮していたものの、trill選手のウィンストンにポジションをかき乱されたり、後方のサポートが先に倒されてしまうような展開が目立ちました。3チーム合同の日本代表と異なり、オーストラリアはBlank Esportsの1チームがそのまま出場していることから、チームワーク面での差が出てしまったのかもしれません。


残念な結果となりましたが、最後の最後まで死に物狂いで戦い、世界トップレベルの競技シーンでその実力を示した日本代表選手たち、そして競技委員会に面々に、心からエールを贈りたいところです。