2015年に発売されたTechland開発のゾンビサバイバルアクション『Dying Light』。この度、本作のゲームプロデューサーであるティモン・スメクタワ氏によって新しい動画が公開されました。

スメクタワ氏によると、発売当初一週間あたり平均70万人のプレイヤーがいた本作ですが、今でも一週間あたり平均50万人のプレイヤーが遊んでいるということです。スメクタワ氏はファンへの感謝として、今年の6月に告知された新DLCについても動画で言及しており、PS4/Xbox One/PC全てのハードで新DLC配信を無料で行うと述べています。

また、ビデオ内ではまもなく「DLC #0」と呼ばれるDLCを配信すると明かしており、その映像を少しではありますが見ることができます。あと半年ほどで発売から3年となる『Dying Light』ですが、まだまだ長く楽しめそうですね。