近日参戦となる『オーバーウォッチ』新ヒーロー「ドゥームフィスト」。正式発表前には俳優テリー・クルーズがドゥームフィスト役の声優に名乗りを上げ、ファンからも賛同を集めていましたが、最終的には俳優のサー・ンガウジャが担当することとなりました。何故ドゥームフィスト役の声優にテリー・クルーズが選ばれなかったのか、BlizzardはGameSpotによるSan Diego Comic-Con 2017でのインタビューにおいてその理由を説明しました。

テリー・クルーズのアピール映像
シニアデザイナーMichael Chu氏は、テリー・クルーズが大好きで彼がBlizzardを訪問した時は素晴らしい時間を過ごしたと前置きしつつ、Blizzardはドゥームフィストのゲームやその他すべてにおける役割を考慮して非常に特有なものを探していたとし、オーディションでサー・ンガウジャの声を聞いた瞬間に「なんてこった!これはドゥームフィストだ」と衝撃を受けたことを伝えました。また、Michael Chu氏は数々の“フレーバー”でキャラクターの様々な側面を生き生きとさせる、サー・ンガウジャの能力を高く賞賛しています。

オーバーウォッチ: ヒーロー・プレビュー「ドゥームフィスト」
今回の件に関してテリー・クルーズ本人はPC Gamerのインタビューにて、「クリエイターにはビジョンがあり、それを台無しにしたくなかった」と述べるとともに、Blizzardの選択は完璧で素晴らしく、ゲームのためにより良いことをしたと語っています。なお、彼はXbox One/Win10向け新作アクション『Crackdown 3』への出演が決定しています。