IGN: 9.7/10.0(PS4/PC)アートから音楽、物語、戦術的なゲームプレイ、さらに巧みに織り込まれたものまで、Pyreはローカル限定のマルチプレイヤーモードを除けば、そのデザインのあらゆる領域で優れた冒険である。それは私をワクワクさせ、恐怖を感じさせた壮大な旅であり、スピーディーで神秘的なアリーナの内側・外側の両方から私を引き込んでくる。たくさんのことを成し遂げようと努力していた感情的なエンディングでは、ほとんど全てのことをやったのにも関わらず、悲劇と憂鬱が帯びていて、長い間私の頭の中から離れることはなかった。今作はこれまでのSupergiant Gamesの最高の作品で、何かを言わんとしている。Polygon: 9.0/10.0(PS4/PC)
ストーリーテリングの魅力的でオープンなアプローチと完全にユニークなコアゲームの狭間で、Supergiant Gamesは、『Pyre』と共に何か新しいビジョンを追求し、大成功を収めた。同じことが続くことを期待するファンは失望を克服しなければならない……特にもっと隅々まで徹底的に探求できるようにしたいファンの場合は。しかし、『Pyre』はここでは価値がある取引をしている。GameSpot: 9/10(PS4/PC)
新たなスポーツを取り入れ、それがどのようにして心に響くキャラクターと悲劇的な事態に満ちたナラティブに繋がるのか、その両方の部分において『Pyre』の競技的な側面は素晴らしいサプライズだ。しかし、絶え間なく美しいアートワークと、様々なジャンルの音楽が満載のサウンドトラックによってそのすべてが振りかざされている。青々としたDownsideのすべてと君の冒険譚の毎分毎秒は、五感を魅了する。GamesBeat: 85/100(PS4/PC)

Playstation Universe: 9.0/10(PS4)

Game Informer: 8.75/10.00(PS4)

New Game Network: 78/100(PS4/PC)

USgamer: 3.5/5(PS4/PC)
Pyreの強みは、美しいビジュアル、驚異的なスコア、多分岐の物語、スポーツゲームと戦術的RPGのベストを結ぶゲームプレイだ。 しかし、それはかなりの時間をかけ続ける膨大な物語に包まれており、あなたが会う愛すべきキャラクターを肉付けすることやその道中に時間を費やすことに失敗している。しかし、最終的には『Pyre』は価値のある冒険であり、挑戦と負けた時に感じる不可避の恐怖を覚悟しておくべき作品だ。
◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆
Supergiant Gamesが開発を務めた『Pyre』の海外レビューをお届けしました。Metacriticでの平均スコアは87点(総レビュー25件)。その戦略性の高さが高く評価されていますが、ストーリーに関しては賛否あるようです。

『Pyre』は北米のPlayStation Storeで$19.99。Steamでは対応言語は英語のみ。単体で1980円、サウンドトラック付きが2960円で発売中です。