コーエーテクモは、同社の「シブサワ・コウ」ブランドの過去の名作をSteamにて再リリースする「シブサワ・コウ アーカイブス」の第7弾を配信開始しています。


第7弾となる今回のラインナップは『信長の野望・将星録 with パワーアップキット』、『三國志VII with パワーアップキット』、『Winning Post』 。『信長の野望・将星録 with パワーアップキット』は1997年にリリースされたシリーズ第7作で、国ごと、城ごとの区分であった過去作と異なり、日本全体がマス目状に表現されており、各々のマスで開墾や建築を行っていく、箱庭的な内政が特徴です。

なお、「シブサワ・コウ アーカイブス」第6弾の『信長の野望・覇王伝』と本作の間に存在した『信長の野望・天翔記』についてはHDリマスター化された『信長の野望・天翔記 with パワーアップキット HD Version』が既にSteamにて配信中となっています。


『三國志VII with パワーアップキット』は、2000年に発売された、こちらもシリーズ第7作目。最新作『三國志13』にも引き継がれている、全武将の内からプレイヤーを選択して、君主以外の立場で乱世を生き抜くシステムは本作で初めて採用されました。


『Winning Post』は1993年にリリースの競馬シミュレーション。プレイヤーは馬主となって、セリ市から購入した馬を用いて資金を貯め、やがては自身の牧場を開設して強力な馬を生産し、世界最高峰のレース「凱旋門賞」を制するのが目的です。特にこの第1作目では、馬主として競馬界を体験していくというコンセプトが押し出されており、活動を通じて経験を高め、少しずつ可能なコマンドが増えていくRPG的な要素が特徴となっています。

『信長の野望・将星録 with パワーアップキット』、『三國志VII with パワーアップキット』はそれぞれ1,980円+税、『Winning Post』 は1,200円+税にてSteamで配信中。なお、2017年8月22日までは「シブサワ・コウ アーカイブスパック Vol.7」として3作品をセットで30%引きの3,612円+税で購入可能なバンドル販売が行われています。