Activisionは『コール オブ デューティ 4 モダン・ウォーフェア』のHDリマスター版『コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア リマスタード(Call of Duty: Modern Warfare Remastered)』をSteam(PC)及びXbox One向けに配信開始しています。


同作は、2007年に発売された名作FPS『コール オブ デューティ 4 モダン・ウォーフェア』を最新世代の技術を用いてリマスターしたタイトル。当初は2016年11月に発売された『コール オブ デューティ インフィニット・ウォーフェア』の特別エディション特典であったものの、今回単体での販売が開始となりました。Steam版も他機種同様に、日本語吹き替え音声は含まれていませんが、日本語字幕に対応しています。


なお、本作Steam版は記事執筆時点ではPC向けの最適化が適切でないのか、fpsが不安定になる問題や、マルチプレイヤー時のサーバーのパフォーマンスの問題を始めとして、マウスの操作性などにも不具合があるとのことで、330件を超えるSteamレビューは“ほぼ不評”となってしまっている模様です。何らかの修正がなされるのに期待しましょう。


『コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア リマスタード』Steam版はWindows向けに5,918円にて発売中。Xbox One版はMicrosoftストアにて同じく5,918円にて発売中です。

※ UPDATE(2017/07/28 13:52):Xbox One版についても記載いたしました。