2015年に『Jotun』を手がけたデベロッパーThunder Lotus Gamesの新作、『Sundered』が国内外のPS4およびSteam向けに配信開始となりました。


抵抗せよ。あるいは受け入れよ。
己の命と正気を保つため、戦い続けなくてはならない凄惨な運命――『Jotun』(ヨトゥン)のクリエイターが贈る、全編手描きによる叙事詩『Sundered』(サンダード)は、いにしえの悍ましい力に抵抗し、あるいはそれらを受け入れることで物語を揺るがす探索型アクションゲーム。プレイヤーが操作するのは、荒廃した世界を彷徨うエシ。繰り返しプレイしているはずのその世界には、絶えず変容する洞窟と惨烈たる怪物の群れが蠢く。自らの人間性を犠牲にし、穢れた遺物の力を制して巨大なボスを倒せ。抵抗せよ。あるいは受け入れよ。

ゲームの特徴
手描きによる美しいアート、アニメーション恐ろしくも壮大なボス戦穢れゆくスキルに抵抗あるいは受容せよ数百ものアップグレードと多数のキャラクタービルド敵群とのダイナミックな戦闘手描きと加工処理を融合して生成されたレベル複数のエンディング、ゲームプレイ時間は15時間以上

主人公エシは自動生成されるダンジョンで、自らの人間性を捧げ強力な闇の力を得るのか、それに抗い正気を保ち戦い続けるのか、複雑に絡み合うスキルツリーで選択が可能。プレイヤーの選択により変化するマルチエンディングシステムを採用しており、何度もプレイすることですべての物語の真相に辿り着きます。


『Jotun』と同様、全編手描きによる美しいビジュアルにも注目の『Sundered』は、PS4版が1,999円、Steam版が1,980円(8月5日までは10%オフの1,782円)で配信中。なお、本作は架け橋ゲームズにより日本語ローカライズされています。