Sekai Projectは、まどそふとが手がけるビジュアルノベル『ワガママハイスペック』をSteamにて配信開始しています。


同作は、2016年にTVアニメにもなったビジュアルノベル。学生の身ながら漫画原作者でもある主人公「鳴海幸樹」が、同じ学校の生徒会長「鹿苑寺かおるこ」が自身の漫画の作画担当であることが発覚したことから始まる恋とトラブルの日々を描いたラブコメディで、2017年7月27日にはPS Vita版もリリースされています。


Steam版は実績及びトレーディングカードに対応している他、日本語・英語の2言語及び、両言語の同時表示にも対応。英語の勉強教材としても使えてしまうかもしれません。

『ワガママハイスペック』はSteamにてWindows向けに3,980円で発売中。なお、スペシャルプロモーションとして2017年8月3日までは20%引きの3,184円で購入することができます。