Battlestate Gamesは、同社がPC向けに開発中のサバイバルシューター『Escape from Tarkov』のクローズドベータを開始したことを発表しています。

本作は非常にハードコアなバランスが魅力のサバイバルシューター。詳細なダメージシステムやインベントリシステムだけでなく、敵味方の識別が困難な仕組みであったり、やられてしまえば、アイテムの殆どを失ってしまうような、全体的に厳しく緊張感に溢れた内容となっています。Game*Sparkでもクローズドアルファテストについてプレイレポを掲載しているので気になる方はチェックです。

今回のクローズドベータではゲーム中最大のマップの一つ“Shoreline”の他、既存マップの再調整、新アイテムや武器などが追加。他にも経済システムのリバランスと保険システムの実装と、情報やRaid仲間を検索するための一般的なチャットシステムが導入されています。

クローズドベータへの参加は、まず1週間以内に、早期アクセスパッケージ所有の既存のプレイヤーに対し順次Wave形式で招待メールが発送。その後新規プレイヤーが参加可能となる見込みです。

『Escape from Tarkov』は公式サイトより早期アクセスパッケージの付属した予約購入が可能です。また、Battlestate Gamesは、同作のベータ期間中もしくは完成後にSteamでも同作を販売開始するとしています。なお、本記事執筆時点ではアクセスが集中しているのか、公式サイトには非常に接続しづらい状態となっております。